2008年03月30日

アリーズ

こんばんは。今回のタイトルは・・・

プリンセスコミックス、秋田文庫『アリーズ』です黒ハート
作者さまは『冬木るりか』さんですわーい(嬉しい顔)

この作品が初めて登場したのは約20年前となります。
私が初めて知ったのは"月刊プリンセス"の本誌ででした。
たしか単行本で既に14.5巻出ていた頃です。

この先生の絵は賛否両論の意見が多くて(苦笑)
好きな人はめちゃ好きって感じで。

もちろん私は大好き派のほうですっハートたち(複数ハート)

お話はギリシャ神話がモチーフになってます。
誰でも一度くらいは聞いた事のある神様の名前がたくさん出てきます。
ゼウスやポセイドン、ハデスといったオリンポスの男神達は有名です。
この物語の主人公たちは意外や意外。。。
大神ゼウスではなく、それまで暗いイメージでしかなかった
冥府の王ハデスとその妻べルセフォネー(書き方はペルセポネなど著者によって違いますが、あえてこの作品の中で使われている呼び名をここでも書きます。)の生まれ変わりの二人が中心となります。

伝説の中のお話が実は作られたものだとしたら・・・
真実を知っているのは生まれ変わりの彼らだけです。

先に前世の記憶を取り戻している翔(ハデス)は
クラスメイトの亜理紗(ペルセフォネー)が覚醒するその日まで静かに待つつもりでいました。
しかしゼウスは現世でも彼女を覚醒させ、神代を今一度復活させようと着々と彼らを狙い始めていました。
彼らの母親である大母神レアの予言に基づいて、彼女はまた争いの渦中へ。。。

前世での二人は哀しい運命に引き裂かれ、生まれ変わったらまた必ず再会すると誓い合った仲です。
二人の絆はとても強いですハートたち(複数ハート)
べルセフォネーの記憶がないぃー!!
後半クライマックスまでとある事情で覚醒できないでいるので、
亜理紗のほうは仕方ないんだけど、
翔くんのほうは本当に一途に彼女だけを想っているのが
色々な場面で伝わってきてて、それは本当に涙が出るほど。
亜理紗ちゃんはこんなに想われているのに、
なんで覚醒しないんだぁーーーッバッド(下向き矢印)って不思議でしたけど(^^;
ちゃんと理由があったんですよねー!

単行本は20巻で完結されました本
この間に色々な神様達が敵味方に別れて登場してきます。
火の女神ヘスティア、大地の女神デメテル、オリンポス女王の名を持つ女神レアはゼウス達とも皆、兄弟です。
私が今も神様たちの名前を聞いて顔を想像する時は常にこのアリーズキャラ達です(笑)
アポロンやヘルメス、アルテミスなどなど〜黒ハート
2世達もしっかり綺麗なお顔とプロポーションで登場してきてて(笑)
この先生の当時の絵は本当に綺麗でため息出てました。

当時、高校のクラスメイトにたまたまこの作品を知ってる人がいて、
その人と話が盛り上がったことがあったんだけど、
彼女はアリーズキャラを見て「あのどこを見つめてるか分からない瞳とかいい」なんて言ってたのを今でも覚えてますね(笑)
言われてみたら「確かに・・・」と納得してたりもして。

神代コスチュームなども素敵で、この時代の虜になったりもしました。

ヘラ、エリス、アレス親子の絆も強くて泣けたし、
デメテルやポセイドンの最期、
あのハデス達の幸せだけを願って散っていった仲間たち。
今でも涙が出ます。。。
ゼウスも自分の信念を貫いただけだし・・・
みんな真剣だったから。骨肉の争いでそれが更に辛くて。
最終巻に入ったハデスたちの神代編(外伝)も切なかったなあ。。。
これが真実だと思えるほどによく作りこまれていました。

現在というと・・・

なんとっexclamationちょうど文庫版となって発刊中ですわーい(嬉しい顔)
文庫版のほうは現在、4巻まで出ています。
管理人も、とある事情で集めきってた単行本のほうが
手元にはないので、これを機会に懐かしくてまた集め始めてます。
表紙があらたに書き下ろしなので、それだけでも買う価値アリです揺れるハート

そしてー!!なんとっexclamation×2
新たに『アリーズU』が現在連載中ですグッド(上向き矢印)
一応、前作の続編ということになるんでしょうけど、
登場人物は全て一新してまーす。
前作キャラたちのさらにまた生まれ変わり達のお話になってます(^^;
神代キャラと前作キャラの両方の記憶を覚醒してる人やら
片方だけが覚醒してる人、全く覚醒していない人と
3種類のキャラたちが絡んできてて、
前作では味方だった人が今作では敵だったり、
恋人同士だった人達が今作では親子関係になっていたりと、
何かとショッキングな場面があったりしますがあせあせ(飛び散る汗)
とりあえず、またこちらも集めてます(´∇`*)

個人的に2巻で鳴海さん(ポセ)の記憶が断片的に現れた場面では
ほんと泣けたかも・・・。
「ポセイドーンッ!!」って声でたし(フフっ)

まあ・・・でもっ!!
私の中ではハデスとベルの二人は"永遠"だと思ってるんで、
最終的にはまた試練を乗り切って幸せに落ち着いてほしい・・・と
願っちゃったりしますっ(^^;)

アリーズ

現在、続刊中なのでこれを機会に皆さまにも是非!
ラベル:アリーズ
posted by Y@uko at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。