2008年04月04日

百鬼夜行抄

こんばんは。今回のタイトルは・・・

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス、ソノラマコミック文庫『百鬼夜行抄』です本
作者さまは『今 市子』様です。

この作品を知ったのは、妹が「コレ、おねーちゃん好きっぽいわーい(嬉しい顔)おもしろいよ」と
すすめてきたのがキッカケでしたっ黒ハート

タイトルから想像するとおり、怪奇現象をメインとしたお話です。
主人公の名前も変わってて男の子が律くん、そのイトコの女の子が司ちゃんに晶ちゃん。
一字で潔くてかっこいいデスっハートたち(複数ハート)

律君は今は亡きおじいさん、飯嶋蝸牛から不思議な力を受け継いだ。
普通の人間には見えない、「妖魔」を見る力。
しかし、見えるだけで他には何の力もない。
その主人公がさまざまな妖魔と出会うことで物語りは展開していきます。

作者の抜群のセンスと絵力でこの世界は絶品ですっ(笑)

ただ不気味やら怖いだけではなくて、主人公たちや周りの人間関係の設定等にも
力が入っててよく作りこまれています。

最初にも書いた通り、主人公にはただ"見える"だけで、
トラブルに巻き込まれてもそれを解決するどころか、
さらに悪化させていくこともしばしば・・・あせあせ(飛び散る汗)
その展開も人間らしさが出ていて大どんでん返しもある為、
読み手も一緒にどんどん引きずりこんでいく(笑)

蝸牛の命令で律を護る彼の式神"青嵐"と呼ばれる妖魔と
律くんの掛け合いもサイアクの状況の中で
笑わせてくれます。
青嵐は本来の主人である蝸牛の命令で仕方なく、
律の寿命まで護る契約をしています。
律の父親である体を"仮宿"として使用しながら一緒に家族として暮らしています。
律くんのお父さんの話は物語の中で詳しく入っています。

この作品は昨年ドラマ化もされていて、
既にDVD化もしていますが、やはり怪奇現象ものを
実写にしてしまうと全てを納得はできませんねぇふらふら
渡辺いっけいさんの演技はおもしろかったけど。

律くんの周りはどうしてこうも不思議な現象が起こるのでしょう?
と、不思議に思ってしまうほど
彼たちはたくさんの不可思議体験をしていってます(^^;
金田一少年やらコナンくんたちと似た感じやね(笑)

『百鬼夜行抄』は現在、コミックスのほうで15巻まで、
文庫版のほうで9巻まで発刊しています。
コミックスのほうはA6版で少しがさばるので、
これから集めるのなら文庫版のほうをオススメします。
posted by Y@uko at 22:21| Comment(13) | TrackBack(0) | BOOK MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。