2008年03月31日

鋼の錬金術師

こんにちは。続けてBOOKになってしまいますが・・・
今回は・・・

ガンガンコミックスから『鋼の錬金術師』です本
作者さまは『荒川 弘』様です。

ベタなところいってますよねぇ〜( ̄∇ ̄)フフ負。。。
鋼の〜はアニメをやってる!
ハガレンは大人気で注目されてるってくらいしか知りませんでしたバッド(下向き矢印)
・・・基本、売れまくってる作品には手を出さないタイプなんで(笑)
あ、失言!?(爆)

ある年、ワシが出産してまだ新生児を抱えていた年の夏、『鋼の〜』の映画公開年と重なって
深夜にもアニメの再放送が流れていましたTV
新生児時期は夜泣きも頻繁で、夜中2〜3時間起きに授乳をしてわ、
寝かしつける毎日・・・(´∇` ;)
こちらはゆっくり眠ることもできないため、
深夜放送が格好の時間つぶしになっていたのです。

そこで初めてアニメのほうを1話から観る機会に恵まれました黒ハート
それは再放送だったし、深夜帯の事情もあったようで
映画公開時期に合わせて途中で打ち切られてしまったんですよ・・・どんっ(衝撃)

・・・やっぱりその先が非常に気になるじゃ〜あーりませんか???ちっ(怒った顔)(笑)

それでとりあえず原作を集めてみたくなっちゃったんですよね。

ハガレンの世界は錬金術師という職業が一般的に認められている世界が舞台です。
錬金術師という職業人は実際に欧州のほうを中心に実在したらしいし、
ゲームやコミックスの空想世界の中にもよく登場する人達だったので、
今でも私的に興味が尽きることはありませんっハートたち(複数ハート)

物語は錬金術師を父に持つ、幼いエド&アル仲良し兄弟が、
まだ幼い兄弟をおいて亡くなってしまった大好きな母親を
甦らせる目的のために、
その世界でも禁忌とされている蘇生術を実行、失敗、その結果、大きな代償を取らされた場面から始まります。

母親を甦らせるどころか、兄のエドは片腕と片足を、
弟のアルは体全身をある空間へともっていかれる結果になりました。
それから自分のパーツを取り戻すため、兄弟の長い旅がスタートします。
その為には"賢者の石"というアイテムが必要だと情報を得るわけですが、
次第に国家陰謀の大きな渦の中へも身を投げうる運命が。

まだ幼さが残る精神体を持つ二人が立ち向かう道としてはあまりに過酷すぎる運命でした。

原作はもちろんですが、アニメ版も放映時間帯には珍しく、
原作に忠実でグロい映写も流れていました。
日本はこういうところ、手抜きしないよね。
さすがにアニメ大国といいますか手(パー)

アニメのほかにゲームやゲームの原案小説も出ています。
1冊だけ"とべない天使"のほうを読みましたが、
やっぱり最後はやりきれない思いが残るんですよね、この作品。
前へ進んでも進んでも先が見えてこない。
足掻いて努力してみても、全てがうまく事が運ぶわけではない。
一個人の限界を思い知らせれるといいますか。
でも事件に巻き込まれる度にエルリック兄弟の確かな絆を
再確認させられるので、それが救いかな。

アニメ版のほうは原作より一足早く完結されました。
映画版も今は観ようと思えばいつでも観られるくらいに普及してます。
映画版で完全に完結させたわけですねー映画
あれはあれでアリなんだろうなー・・・と(笑)
あの兄弟はどこにいても二人揃っていれば最終的に道を切り開いていけるだろうなーハートたち(複数ハート)

"等価交換"この言葉は現実的で時に残酷な意味合いが含まれているけれど、
真理はいつも正しい・・・。同感。
彼らの世界も変わらない。
生きるということは常に命懸けで辛いけれど、精一杯今を生きる。

どんな結果が待ち受けていようとも、彼らを応援しようと思わせてくれる。

『鋼の錬金術師』は現在、19巻まで続刊中です。
19巻が今月に出たばかりだったかなわーい(嬉しい顔)

解釈は皆、人それぞれですが、とりあえず気になる方は是非にぴかぴか(新しい)
  
ラベル:鋼の錬金術師
posted by Y@uko at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

アリーズ

こんばんは。今回のタイトルは・・・

プリンセスコミックス、秋田文庫『アリーズ』です黒ハート
作者さまは『冬木るりか』さんですわーい(嬉しい顔)

この作品が初めて登場したのは約20年前となります。
私が初めて知ったのは"月刊プリンセス"の本誌ででした。
たしか単行本で既に14.5巻出ていた頃です。

この先生の絵は賛否両論の意見が多くて(苦笑)
好きな人はめちゃ好きって感じで。

もちろん私は大好き派のほうですっハートたち(複数ハート)

お話はギリシャ神話がモチーフになってます。
誰でも一度くらいは聞いた事のある神様の名前がたくさん出てきます。
ゼウスやポセイドン、ハデスといったオリンポスの男神達は有名です。
この物語の主人公たちは意外や意外。。。
大神ゼウスではなく、それまで暗いイメージでしかなかった
冥府の王ハデスとその妻べルセフォネー(書き方はペルセポネなど著者によって違いますが、あえてこの作品の中で使われている呼び名をここでも書きます。)の生まれ変わりの二人が中心となります。

伝説の中のお話が実は作られたものだとしたら・・・
真実を知っているのは生まれ変わりの彼らだけです。

先に前世の記憶を取り戻している翔(ハデス)は
クラスメイトの亜理紗(ペルセフォネー)が覚醒するその日まで静かに待つつもりでいました。
しかしゼウスは現世でも彼女を覚醒させ、神代を今一度復活させようと着々と彼らを狙い始めていました。
彼らの母親である大母神レアの予言に基づいて、彼女はまた争いの渦中へ。。。

前世での二人は哀しい運命に引き裂かれ、生まれ変わったらまた必ず再会すると誓い合った仲です。
二人の絆はとても強いですハートたち(複数ハート)
べルセフォネーの記憶がないぃー!!
後半クライマックスまでとある事情で覚醒できないでいるので、
亜理紗のほうは仕方ないんだけど、
翔くんのほうは本当に一途に彼女だけを想っているのが
色々な場面で伝わってきてて、それは本当に涙が出るほど。
亜理紗ちゃんはこんなに想われているのに、
なんで覚醒しないんだぁーーーッバッド(下向き矢印)って不思議でしたけど(^^;
ちゃんと理由があったんですよねー!

単行本は20巻で完結されました本
この間に色々な神様達が敵味方に別れて登場してきます。
火の女神ヘスティア、大地の女神デメテル、オリンポス女王の名を持つ女神レアはゼウス達とも皆、兄弟です。
私が今も神様たちの名前を聞いて顔を想像する時は常にこのアリーズキャラ達です(笑)
アポロンやヘルメス、アルテミスなどなど〜黒ハート
2世達もしっかり綺麗なお顔とプロポーションで登場してきてて(笑)
この先生の当時の絵は本当に綺麗でため息出てました。

当時、高校のクラスメイトにたまたまこの作品を知ってる人がいて、
その人と話が盛り上がったことがあったんだけど、
彼女はアリーズキャラを見て「あのどこを見つめてるか分からない瞳とかいい」なんて言ってたのを今でも覚えてますね(笑)
言われてみたら「確かに・・・」と納得してたりもして。

神代コスチュームなども素敵で、この時代の虜になったりもしました。

ヘラ、エリス、アレス親子の絆も強くて泣けたし、
デメテルやポセイドンの最期、
あのハデス達の幸せだけを願って散っていった仲間たち。
今でも涙が出ます。。。
ゼウスも自分の信念を貫いただけだし・・・
みんな真剣だったから。骨肉の争いでそれが更に辛くて。
最終巻に入ったハデスたちの神代編(外伝)も切なかったなあ。。。
これが真実だと思えるほどによく作りこまれていました。

現在というと・・・

なんとっexclamationちょうど文庫版となって発刊中ですわーい(嬉しい顔)
文庫版のほうは現在、4巻まで出ています。
管理人も、とある事情で集めきってた単行本のほうが
手元にはないので、これを機会に懐かしくてまた集め始めてます。
表紙があらたに書き下ろしなので、それだけでも買う価値アリです揺れるハート

そしてー!!なんとっexclamation×2
新たに『アリーズU』が現在連載中ですグッド(上向き矢印)
一応、前作の続編ということになるんでしょうけど、
登場人物は全て一新してまーす。
前作キャラたちのさらにまた生まれ変わり達のお話になってます(^^;
神代キャラと前作キャラの両方の記憶を覚醒してる人やら
片方だけが覚醒してる人、全く覚醒していない人と
3種類のキャラたちが絡んできてて、
前作では味方だった人が今作では敵だったり、
恋人同士だった人達が今作では親子関係になっていたりと、
何かとショッキングな場面があったりしますがあせあせ(飛び散る汗)
とりあえず、またこちらも集めてます(´∇`*)

個人的に2巻で鳴海さん(ポセ)の記憶が断片的に現れた場面では
ほんと泣けたかも・・・。
「ポセイドーンッ!!」って声でたし(フフっ)

まあ・・・でもっ!!
私の中ではハデスとベルの二人は"永遠"だと思ってるんで、
最終的にはまた試練を乗り切って幸せに落ち着いてほしい・・・と
願っちゃったりしますっ(^^;)

アリーズ

現在、続刊中なのでこれを機会に皆さまにも是非!
ラベル:アリーズ
posted by Y@uko at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

ヤマトナデシコ七変化

ここでは管理人のお気に入り黒ハートが見つかり次第(笑)
BOOKやら映画中心に紹介していきたいと思ってまーす本CD映画

さて記念すべき第1回は・・・

今さらながら講談社コミックス『ヤマトナデシコ七変化黒ハート』を集め始めてますわーい(嬉しい顔)
作者さまは"はやかわともこ"様ですハートたち(複数ハート)

デジタルコミックスで暇つぶしに読んだのがキッカケとなりましたー揺れるハート
ヒロインの女の子、中原スナコちゃんは超絶美少年4人組と現在同棲中!
ここまでなら乙ゲーにありうる設定なんですけどね・・・(笑)
彼女は自らの過去のトラウマによって本来なら超絶美少女と化せるにも関わらず、
そんな光った自らを全否定(爆)
美少年達の追っかけをするどころか、自分から"まぶしい生き物たち"を遠ざけようと毎日必死で生きてます(笑)

現在20巻まで続刊中ですが、1巻から比べて20巻も大差がないんですけど・・・?
彼らとの関係もかなり奇跡的に家族同様のお付き合いが続けているのでした・・・ふらふら

こういう・・・ある意味、先が見えない展開もおもしろいですexclamation×2
なんだかんだいっていつの間にか築きあげられた
彼らとの奇妙なアットホームなお付き合いも
なんだかホッとする感じですハートたち(複数ハート)
だって今時の少女マンガってすぐえっちショットが入ってたりするから〜つまんない(笑)

ヒロインは怪力自慢、成績優秀(数学以外)、スポーツ万能で決める時にビシッと白黒つける性格はかっこいい。
スナコちゃんと恭平くんの将来も気になるしー期待できないけど気になるしー(爆)
単純に腹抱えて笑えるストーリーですぴかぴか(新しい)(個人意見ですが)

気になる方は是非にぴかぴか(新しい)

ヤマトナデシコ七変化』アニメ版(放送は終了)公式サイト
posted by Y@uko at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。